じぶんへのうそつき

人に合わせる生き方にさようなら

死に直面して思い知った「ホントの自分」~さよなら昔のオレ~

f:id:shogo1024:20170925164818j:plain

サラリーマンを辞めて

起業し、会社を作り

サラリーマンの給料を超え

そんな順調な日々を送って来たのですが

ある日突然仕事が全く手につかなくなりました。


仕事をしようとパソコンに向かうと強烈な睡魔に襲われ

人と会ったり、少し行動しただけで、疲れてしまい

毎日、疲労感を感じていました。

3日間ずっとシャッターを締め切った部屋にこもったりもしました。


もちろん、こんな状況なのでだんだん収入は0に近づいていき、日々、路頭に迷ったらどうしようという恐怖感に襲われます。

さらにボーとしている時などには、無意識に高層ビルから飛び降りるシーンを想像しては、現実に戻って慌ててクビを横に振りまくり

「いや、ダメダメ!!」と。こんな事を繰り返していました。

厳密に言うと、死にたいでは無く「このまま生きていても、意味ないな。」と言った方が正しいかもしれませんが。

 

そんな、人生のどん底時代が1年くらい続いていましたが

「このままではヤバイな・・・何かしないと!」

と思い、今まででやってみたかったけど、やれていなかったことを一つ始めて見ることにしました。

何を始めたかというと『サーフィン』です。

 

 

念願のサーフィンに挑戦

思い切って海外でサーフィンをスタートし

一日中波に浮き、約1週間ずっと海辺で過ごしました。

少しずつですが、心が洗われている感じがし、自然の素晴らしさを改めて実感しました。


そして、サーフィンを始めてから1週間くらい

ボードに立てるようになって、慣れてきた頃

波に乗ることに集中しすぎたせいで、気がついたら沖の方に流されていました

「岸に戻らないと」と思い、必死でパドリングしますが、全然戻れません。

だんだん、腕がパンパンになってきて、焦ってきます。

そんな大変な時に、後ろから大きな波が押し寄せ、もろにくらいました

波に飲まれ、水の中に引き込まれます。

何とか水面に上がろうとしますが、思うように上がれません。

必死にもがいて、もがいて、やっとの思いで水面に上がり「ブハーッ」と思いっきり空気を吸います。

しかし、後ろを見ると3メートル程はあろうかという巨大な波がすぐ後ろに迫っています。

その時「コレは無理かも」と死を覚悟しました。

そして再び水の中に引き込まれました。

実際は10秒も経っていないのでしょうが、本当に長く感じました。

パドリングと最初の波で息切れしていたせいで、本当に苦しかったです。

こんなに苦しい思いをしたのは人生で初めてでした。

それでもギリギリ死なずに、大波との格闘を30分くらい経った頃でしょうか、

地元のサーファーが助けに来てくれ、何とか事なきを得ました。

 

岸に戻った後は、1時間くらいずっと放心状態でした。

それは自分自身の本当の『心の声』を聞いたからかもしれません。

 

「生きたい」


と。


正直に言うと、その瞬間までは「サーフィンで波に流され、溺れて死ねたらラッキーかもな・・・」と考えていました。しかし、いざそんな状況が訪れると・・めちゃくちゃ怖かったです。死ぬことがこんなに怖いとは思ってもいませんでした。

 

 

 

本当の自分を知った

初めて死に直面したその日から、徐々にうつ状態は改善されていきました。

同時に『本当の自分』が見えてきました。


サラリーマン時代に設定されていたキャラは

・友達や付き合いは多いほうが良い

・気に入られようと、みんなにいい顔をする

・人に合わせる

・見栄を張る、カッコつける

・登山とか海外旅行が好きなアクティブ系

・ダメな部分は全部隠す

 

こんな具合にリア充ぶって、一般社会の理想像を一直線で目指していました。

ですが、今は

・余計な人間関係はバッサリ切り捨て、友達は親友3人だけ

・自分主体で、嫌なことはハッキリ断る

・余計なカッコつけ、見栄を張るためのアイテムやサービスは買わない、使わない

・実は、引きこもり大好きなインドア派でめっちゃめんどくさがり屋

・自分のダメな部分を含めて納得してくれる人たちとだけ付き合う

 

えっと、あと本当はめっちゃマイナス思考・・・

今まで、どれだけ僕が自分の意思とは正反対の、みんなが思う理想像を追い求めていたかが分かりますでしょうか?そりゃ、うつ病にもなる訳です。

 

 

その後、起こった素敵な出来事

その後『ホントの自分』として生きてみて、実感できた素敵なことがいくつかありました。

それは最近、サラリーマン時代の先輩と、飲みに行った時の事です。

起業してからうつ状態、死にそうになった事、さらに自分の本性の事を話しました。

先輩は最初「モリ君のイメージが壊れていく・・・」と言いながら、びっくりしていたのですが

顔を見るとなんだか嬉しそうです。

その後、色々話したのですが。

「実は俺は、30歳くらいまで社会不適合者って言われてて・・・」

「今の会社に仲良く慣れそうな人がいなくて寂しい。」

など。

正直ビックリしました。その先輩とは10年程前から付き合いがあります。毎年会っていて、普段は2時間くらいしか飲まないのですが、この日はなんと気づいたら6時間も経っていました。最後には今度、温泉旅行へ行こう!という約束をし、ハイタッチを求められました♪そして、今まで見たことが無いくらい、すごく満足そうな顔をして帰っていきました。

この先輩とはこれからは、今までの上辺の付き合いではなく、気兼ねなく付き合って行けそうです。


他にも、エピソードはまだまだありますが長くなりすぎるので、それらは今後のブログに書いていこうと思います。

とにかく、正直に話し合えることの楽しさ、気楽さを感じました。

 


痛感したこ

上に書いた通り、いろいろあって気がついたんですが、

今の時代はテレビやネットなど『一見楽しそうな刺激や誘惑』、『役立ちそうな情報』が多すぎると思います。

でも、本当は自分に不必要なそれらを仕入れてしまい、有名人などのカッコイイ人たちが良いと言っているから理想と思い込み。やってみたは良いけど実際はモヤモヤし、何か違うんじゃないかなと思ってはいるんだけど、その事に気づかぬふりをして生活している。実際、気がついていないのかもしれませんが・・

 

「本当は何が正しくて、自分は何を欲しているのか。」

 

それが一番大事だなと痛感しました。
本質を見抜く力をつけるってことですかね。

本などで、よくありそうなキーワードですが痛い目をして実感しないと分からないものですね。


ということで、このブログのコンセプトは

 

刺激、誘惑、情報が多すぎるということを認識
        ↓
本当に自分が好きな人、物を知る
        ↓
自分への嘘を認めて、本当の自分を知る


こんな感じで自分を磨いていくために書いていこうと思います。

 

僕は、今まで何回も継続出来なくて、失敗を重ねてきましたが多分、今回は続けられると思います。まとめる力が無いので、雑な文章ですが、少しでもあなたの心に響いてくれたら嬉しいです。