じぶんへのうそつき

人に合わせる生き方にさようなら

無駄に背負っているものを削ぎ落とし、身軽に生きる

f:id:shogo1024:20170930185716j:plain
モリショウゴです。
 
僕はよく山に登ります。3000m級の日本のアルプスが好きでよく行くのですが、最初の頃はすごく大変な思いをしました。登山を10年位続けれいる今だから言えることですが、一番の理由は『背負っている荷物が重かったから』です。最初の頃は、登山の入門本に書かれている通りに20kg以上の荷物を、ザックに詰めて登っていたのですが、1日目に肩が痛くなって、2日目には足が上がらなくなり・・・正直、アルプスの大絶景は本当に素晴らしいのに、大変さに心が折れそうでした。
 
その後、どうしたら登山が楽になるか調べまくって、2つの案があることを知ります。
 
①体力をつける(強くなる)
 
②荷物を軽くする(削ぎ落とす)
 
どう考えても、①はすごく大変そうです。なので、②を実行し、最終的に荷物の重量は約半分の10kgくらいまで減らすことにしました。多少は軽量アイテムに買い替えましたが、一番は自分にとって不要なアイテムを削ぎ落としました。
 
これで山へ行ってみると、またたく別次元の楽さを体感することが出来ました。さらに体力も温存でき、気持ちにも余裕が出来るので、きれいな景色や鳥のさえずりなど、自然を100%満喫することが出来るようになりました。
 
 
削ぎ落とす事で『一番大切な事』を感じられる
これは、海外旅行、家の荷物などでも同じことが当てはまるかもしれません。海外旅行でリュック一つで行くことで、いちいち空港のカウンターに荷物を預けなくてよく、紛失の心配が無くなったり、荷物待ちの必要がなくサッと到着国に入国でき行動が身軽になります。部屋の場合は、余計な家具や棚、絵などが無ければ、白い壁や床が見え、普段の生活に開放感が増します。
 
その他、自分の体に関して、外見なら無駄な贅肉を付けないために健康に気を使うなど分かりやすいですが、見えづらい内面こそ一番重要かと思います。
 
例えば、もし自分が疲れたり、少しでもストレスを感じているなら、無駄な人づきあいを辞めたり、なんとなく癖になっていたネットサーフィンを辞めたり、本を読みまくってただノウハウコレクターになるのを辞めたりしてみることで、登山の軽量化と同様にかなり楽に歩ける様になるかもしれません。ちなみに、僕も実際に上にあげた事などのストレスを感じている事や、意味の無かった事をバッサリ切り捨てて以来すごく気持ちが楽になり大切な物事に気がつくようになりまいした。
 
もちろん、本当に忙しい日常の中に居ると、考える暇なんてなく、それらが何なのか知るのはすごく大変かと思います。そのため、まずは認識することだけでも良くて、その後、徐々に重荷になっているモノ達を少しずつ炙り出し、勇気を出したバッサリと削ぎ落とすことで、人生の登山で少しでも楽に山頂を目指せる様になるのではないでしょうか。